キャッシングを返済できないとどうなるの?返済が遅れそうな場合

キャッシングの返済ができないと連絡が入ります。

 

キャッシングを返済できないと督促状が届くことになります。返済が遅れそうな場合は事前にキャッシング会社に連絡を入れておきましょう。あまりにも返済が遅れると電話連絡がきたり金利が通常より高くなってしまいます。

 

最悪の場合は、限度額は0円に減らされる事が考えられますし、利用ができなくなってしまうかもしれません。そして個人情報に傷が付く事になりますよね。

 

個人の情報に傷が付くと新しいクレジットや車やショッピングのローンさえも組む事ができなくなるのです。そうなってしまわない様に早急な返済が必要になります。返済が遅れる事や、いつであれば返済ができそうであるかをキャッシング会社に連絡をして、正直に相談する事をおすすめします。

 

今後のキャッシングの返済が無理な様であれば、返済計画を立て直しする事が重要ですね。

 

キャッシングの返済が遅れそうな時のチェック項目

 

後で返済の遅れを後悔する事が無いようにもう一度、キャッシングのご利用の見直しが必要です。

 

  • 督促の電話が入ったら無視しない
  • 返済が遅れても必ず返済する
  • もう1度キャッシングの返済を立て直す
  •  

    上記のチェック項目を必ず守る様にしてください。この項目をクリアしないと「信用情報機関」に延滞の情報が残ってしまいます。

     

    キャッシング会社によっては月々の返済額を減額したり、利息以上の返済で大丈夫な場合がある様です。もしくは何日かキャッシングの返済を待ってくれるかもしれません。

     

    まずは勇気を持って連絡を入れましょう。
    そして、お金がない状況であっても、どうにかキャッシングの返済のメドをたてましょう。

     

    お金がないナビ

     

     

     


    inserted by FC2 system